オフショア開発の問題点について

オフショア開発とは、ソフトウェアのプログラミングやシステムの開発、あるいは、それに関わる運用管理を海外の企業に委託することです。
もともと、先進国の企業が、人件費の安い海外の技術者を活用することでコストを削減することが主な目的です。
委託先の多くは、中国、インドに占められていました。
これは、豊富労働力で人材確保が容易なことと物価が安いことが主な理由です。
日本の企業も中国に委託するケースが圧倒的に多いのですが、中国には日本語を話せる人材が多く、日本に近いことも大きな要因です。
しかし、中国国内の物価高騰による技術者単価の上昇と円安基調などの理由から、中国を委託先に選ぶ企業が以前に比べ減少しています。
むしろ、ベトナムやミャンマーなどの途上国に移行しつつあります。
オフショア開発では、しばしば問題になるのが生産性の低下と品質の劣化です。
開発という職務の性質上、ある程度の経験を積むことで生産性も品質も向上するのですが、海外の委託先で優秀な人材を確保しても、人材の流出が激しく、発注するたびに新しい人材の教育から始まり、生産性を上げるのに時間がかかり、結局、品質が劣化するという問題が繰り返されているのが実情です。

オフショア開発

Google Apps

Google Apps Script

Google Apps Marketplace

office365

オフショア開発関連

オフショア開発とは、自社で成すべきソフトウェア開発を海外の国に発注することを言います。
多くの

Copyright© オフショア開発 All Rights Reserved.